2013年12月16日

第11回:ミニロボコン 対戦形式、チーム紹介

第11回ミニロボコン担当の安部です。

ミニロボコンには現在7チームの応募がありました。
今回は、エントリーチームの紹介とルールブックで未定となっていた対戦形式について説明したいと思います。


はじめに対戦形式ですが、今回は参加チームが例年に比べて少ないので敗者復活戦を取り入れたトーナメント制とさせていただきます。
試合表.jpg
上図が今回のトーナメントで試合開始前に抽選で対戦相手を決定していただき、各ブロックの勝者3チームと敗者のなかから選ばれた1チームが決勝トーナメントへ進み、優勝をめざして対戦していただきます。


次に、参加チームの紹介です。
参加チームは以下となっています。

1.大阪府立高専 ろぼっと倶楽部
  「真しぇますたーず」

2.大阪府立高専 ろぼっと倶楽部
  「ちーむえきさいてぃんぐ」

3.神戸市立高専 ロボット工学研究会
  「Bernoulli」

4.神戸市立高専 ロボット工学研究会
  「競馬」

5.神戸市立高専 ロボット工学研究会
  「Fuwari」

6.東京高専 ロボコンゼミOB
  「自球持速」

7.呉高専 ロボット製作クラブ
  「メロンパン」


以上です。

最後に、チーム名や所属団体名等の誤りや訂正、対戦形式に関する意見や質問があれば連絡してください。

posted by 交流会幹事団 at 17:28| ミニロボコン関連

2013年12月10日

第11回全国ロボコン交流会 2次募集のお知らせ

施設側との話が付き、人数枠を確保することができました。
定員150名の枠を超えてしまい、一次募集を停止しておりましたが、
参加希望者がまだ多数、いらっしゃるようなので、
条件付きで、2次募集を開始することに決定いたしました。

・各高専4名まで
・締切日(12/13)までにさらに定員を超える数の応募があった場合は抽選

応募方法は依然と同様です。


対応がぎりぎりになってしまい申し訳ありませんが、1人でも多くの参加をお待ちしております。



第11回全国ロボコン交流会 代表 安藤太一
posted by 交流会幹事団 at 19:14| 参加者向け情報(全体)

2013年12月09日

第11回 募集状況について〜追記〜


同様の質問が何件か寄せられましたのでここでも返答させていただきます。

Q、募集が一時停止とありますが、今後再開のめどはありますか?また、応募メールについては現在送らない方が良いでしょうか?

A、現在、施設側と相談を行い、枠の拡張を行えないか確認を取っている状況でございます。こちらとしましてもより多くの高専に参加していただきたいと考えていますので、最大限努力はさせていただきますが、現時点では何ともお答えできない状況でございます。

枠の確保ができた場合でも、すでに同様な質問をされている高専さんがいくつかございます。そのため、2次募集の各高専さんには人数の制限を可能性が非常に高いです。

現在、応募メールが送られている高専さんもいくつかありますが、再開が決定次第、またこちらのホームページで発表させていただくまで少々お待ちいただけると幸いです。

以上です。

ご理解ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

第11回全国ロボコン交流会代表 安藤太一
posted by 交流会幹事団 at 21:49| 参加者向け情報(全体)

2013年12月08日

第11回全国ロボコン交流会 途中経過について

現在、応募が150人を超えたので、一時的に募集を停止させていただきます。

OB   3人
阿南  7人
一関  4人
呉    7人
明石  8人
サレジオ 3人
群馬    5人
小山    1人
松江    3人
長野   5人
津山   8人
鶴岡   1人
東京   14人
八代  12人
大阪  16人
舞鶴  12人
福島   8人
和歌山 9人
近大   1人
神戸   8人
高知   3人
秋田   4人
宇部  8人

計 150人

上記人数に誤りがありましたら連絡お願いします。
現在、施設側に枠の拡張を行えないか相談を行っているところでございますので、少々お待ちください。

また現在、この大量の応募状況にもかかわらず、各イベントの募集の方は非常に難航している状況です。



・ミニロボについて
現在3チームしか応募をいただいておらず、このままでは開催することが困難となってしまいます。
大会を無事成功させるためにも少しでも多くの参加チームをお待ちしております。

以下担当者より
ミニロボコンを交流会中に開催します。興味のある方はロボコン交流会のブログを確認ください。
また、それにおいて優秀な成績、優れたアイデアの盛り込まれたロボットには賞も用意しています。
みなさんの参加を楽しみにしています。


・ロボコン講習会について

今年度も応募をいただいた方から講習会を行ってもらう予定です。
しかし、現在のところ応募者0名。こちらも開催が危ぶまれております。
どんな些細な事でもいいので、発表してもいいという方。ぜひご応募お願いします。

以下担当者より
フリータイムのとき行う予定の「ロボコン講習会」「ライトプレゼン」で講演を行っていただける方を現在募集しております。
「ロボコン講習会」ではロボコンに関することならばなんでもOKです。
過去には、いいロボットなのにマイナーなロボットを紹介していただけたり、
チームの方針を体系的に決める方法を講演していただけたりしました。
「ライトプレゼン」では「ロボコン講習会」がハードルが高いと思っている方が気軽に発表する場です。
「作業の効率化のために部室のここをこんな風に改造した」「うちの変な習慣」「日常を撮った写真のスライド」など真面目な事からふざけた事まで、
どんな内容でもOKです。
講演、発表を行っていただける方は、全国ロボコン交流会HPの「第11回:ロボコン講習会発表者募集」の記事の内容に従って応募してください。

また、質問等の宛先も記事に記載しております。


・ブース展示について
今年度もミニロボと並行してブース展示を行う予定でございますが、現在応募数0。
開催すら危ぶまれている状況でございます。無事成功させるためにも一人でも多くのご応募お待ちしております。

以下担当者より
テーブルの上に展示品を置いて参加者のみなさんに見てもらい、
質問などを受け付けたりとロボコントークのきっかけを促します。
ロボコンの話を積極的にしたい方、是非ブース展示をしていただけませんか?
ギアボックスやモータードライバー、お気に入りの部品などやロボット紹介パネルなどなど‥マシン展示の方も大歓迎です。
また、運送費の補助を出させていただく予定です。
ブース展示を希望される方は

@    高専名・代表者氏名(学年)、連絡先

A    規模・展示予定のもの(あくまで予定です)

B    必要に応じて運送費補助や運送についての相談

を、平塚(kokuwa-a@docomo.ne.jp)までご連
絡ください。その他質問がありましたら気軽にメールください。

締め切りは12月13日(金)20時までとさせてもらいます。

・アンケートについて
今年度から新しくアンケートというものを導入させていただきました。
他の高専に質問したいこと等を事前にご応募いただき、各高専にお答え、集計して
より強固な情報交流を行っていただこうという目的でございます。
お忙しいとは思いますが、交流のためにぜひ、提出の方お願いいたします。

以上です。

交流会を成功させるためにも皆さんのご協力は不可欠です。

幹事団一同、交流会成功へ向けて全力で企画、運営をしていく所存でございます。

ご理解ご協力よろしくお願いいたします。


第11回全国ロボコン交流会代表 安藤太一
posted by 交流会幹事団 at 20:03| 参加者向け情報(全体)

2013年11月23日

第11回:ミニロボコン ルールブック

第11回ミニロボコン担当の安部です。

皆様、お待たせいたしました。第11回ミニロボコンのルールを発表いたします。
競技名は「ロボシュート」です。

内容はフィールド上にばらまかれたピンポン球を各チームのロボットが自力で回収して、フィールド上に設置された籠の中に入れ、獲得した得点によって勝敗を決定するというものです。

フィールド.jpg
ゴール詳細.jpg
ルールブック
ミニコンルール(2013.03.23 ver).pdf

どのようにして籠へピンポン球を入れるのか。皆様のアイデアを楽しみにしています。

最後になりましたが、ルールに関するご質問・ご意見等につきましてはe-mailにて対応させて頂きます。
お手数ですが、高専名,学年,学科,氏名を記入して,以下のメールアドレスまで送ってください。(OB/OGの方は出身校と氏名だけで結構です)
mini-robo@zenrokou.jpn.org
posted by 交流会幹事団 at 22:42| ミニロボコン関連

2013年11月21日

第11回:ロボコン講習会発表者募集

第10回全国ロボコン交流会で行われた「ロボコン講習会」では、ロボコンを引退された本科生や高専を卒業されたOBの方々から、様々なロボコンに関する発表をしていただきました。
今回の交流会でもOB/現役問わず「ロボコン」に関する発表ならばなんでもOKのロボコン講習会を夕食後のフリータイムに行う予定です!!

また、去年に引き続き、ライトプレゼンテーションという企画でプレゼンする方も募集します!
ライトプレゼンテーションは、「ロボコン講習会」はレベルが高すぎてちょっと…という方や低学年の方を対象として、講習会の時間に別部屋で、自分の所属するロボコン部や自分の取り組みなどを気軽にプレゼンする企画です。例えば、「作業の効率化のために部室のここをこんな風に改造した」「うちの変な習慣」「日常を撮った写真のスライド」など真面目な事からふざけた事まで、どんな内容でもOKです。この企画を通して、自分や学校のことをお互いに知ってもらい、今まで以上にロボコン交流会での時間を濃密にする手助けになればと思います。


講習会については一人あたりの発表時間は15分(質疑応答含む)を予定しています。
ライトプレゼンテーションについては一人あたり5分程度の発表時間です。

発表を希望される方は、

・応募する企画(講習会orライトプレゼン)
・高専名
・発表者氏名(フリガナ)
・発表タイトル(フリガナ)
・発表の概要

以上の必要事項を明記し、
メールのタイトルを「ロボコン講習会発表希望」としたうえで、
main@zenrokou.jpn.org までご応募ください。

応募締切:12月13日(金)

なお、応募多数の場合は幹事団による選考を行い、
採用・不採用をメールにて連絡させていただきます。

不明な点などがございましたら、上記メールアドレスまでご連絡ください。
posted by 交流会幹事団 at 21:20| ロボコン講習会

2013年11月20日

第11回:アンケート質問内容募集のお知らせ

今年の交流会アンケートについてのお知らせです。

こちら(http://zenrokou.jpn.org/up/src/zenrokou0155.zip.html)からファイルをダウンロードして下さい。記入するのはWordファイル、pdfファイルのどちらでも構いません。

質問内容を記入の後、期限(12月6日)までにメールで提出をよろしくお願いします。

また、個人(OB等)での提出も募集しておりますので、その場合は(所属高専名)学生orOBと記入して提出の方よろしくお願いします。

アンケートをより良いものへとするため、皆さんのご協力をお待ちしております。


その他質問等ありましたら、平瀬(counter366@gmail.com)までご連絡ください。
posted by 交流会幹事団 at 21:25| 参加者向け情報(全体)

第11回:ブース展示について

今年も昨年同様ブース展示を行いますのでの参加者の募集をさせてもらいます。 

1. 形態  
基本的にロボコンに関わるものでしたらなんでも構いません。ギアボックスやモータードライバー、お気に入りの部品などやロボット紹介パネルなどなど‥マシン展示の方も大歓迎です。  
テーブルの上に物品を置いて参加者さんに見てもらい、質問などを受け付けロボコントークに花を咲かせていただきたいと思います。  

2. 時間  
交流会初日、ミニロボと並行で行います。なるべくどちらか1つの参加(ミニロボ or ブース)でお願いしたいです。  

3. 運送  
小さいものであれば個人で持ってきていただけたらありがたいです。宅急便で送れるものであれば受け取り方法などを確認した上でお願いします。  
マシンについては運送方法などについて多少相談が必要かもしれません。運び入れるタイミングや置く場所などについてはこちらから指示させていただきます。  

4. 運送費補助について  
上限 3000 円まで、運送費の補助を出させていただく予定です。希望する方は会計・檜山徹(toooooru0120@docomo.ne.jp)までご連絡ください。 

5.その他 
    ・宅急便の受け取りはコンビニもしくは現地へ送ってもらって構いません(その辺要相談) 
    ・テーブルは1つの申し込みに対して 1600×45 の長机1つの予定です。希望者の量によって変動があります。 
  
ブース展示を希望される方は 
@  高専名・代表者氏名(学年)、連絡先 
A  規模・展示予定のもの(あくまで予定です) 
B  必要に応じて運送費補助や運送についての相談を、平塚(kokuwa-a@docomo.ne.jp)までご連絡ください。その他質問がありましたら気軽にメールください。 
締め切りは交流会の参加締め切りと同じ 12 月 13 日(金)とさせてもらいます。 
皆さんで交流会を意義のあるものにしていきたいので、奮ってご参加お願いします!! 
タグ:第11回情報
posted by 交流会幹事団 at 20:41| 参加者向け情報(全体)

第11回:ミニロボコン ルール概要

第11回ミニロボコン担当の安部です。

皆様、お待たせいたしました。第11回ミニロボコンのルールを発表いたします。
競技名は「ロボシュート」です。

概要はフィールド上に相手チームによって、ばらまかれたピンポン球を各チームのロボットが自力で回収して、フィールド上に設置された籠の中に入れ、獲得した得点によって勝敗を決定するというものです。

フィールドサイズは1820×1820[mm]で、各チームが移動できるのはフィールドの半分のサイズです。
フィールドには高さ300[mm]の自コートの籠(1球1点)と
高さ400[mm]の両チーム共通の籠(1球3点)が設置されます。
使用するピンポン球のサイズは40[mm]のものを使用し、各チームに10球ずつ用意されます。

その他、ルールに関する詳細はルールブックの最終確認が済み次第、ルールブックとフィールド図とともに掲載させていただきます。



最後になりましたが、ルールに関するご質問・ご意見等につきましてはe-mailにて対応させて頂きます。
お手数ですが、高専名,学年,学科,氏名を記入して,以下のメールアドレスまで送ってください。(OB/OGの方は出身校と氏名だけで結構です)
mini-robo@zenrokou.jpn.org

posted by 交流会幹事団 at 20:40| ミニロボコン関連

第11回:ミニロボコン参加者募集

第11回ミニロボコン担当の安部です。

ミニロボコンへの参加申し込み受付を開始します。

ミニロボコンへの参加を希望するチームは
メールの件名を「第11回ミニロボコン参加申し込み」としたうえで
・高専名
・所属(部活名等)
・チーム名(フリガナ)
・代表者氏名(フリガナ)
を記入し、下記のメールアドレスまで送ってください。
mini-robo@zenrokou.jpn.org

なお、ミニロボコンは絶対参加ではないので、自由に応募してください。
参加チームの上限は20チームとし、上限に達した時点で申し込みを打ち切らせていただきます。
posted by 交流会幹事団 at 20:20| ミニロボコン関連