2011年12月31日

第9回:全国ロボコン交流会

 
全国ロボコン交流会は全国の「高専ロボコン」に携わる高専生や
OBが 集まり、ミニロボコンや会議を通して技術・知識の向上を
図ると共に 学校同士のつながりを作るための交流会です。 
 

 第9回全国ロボコン交流会
皆様のご協力により、無事に開催することができました。
来年度も、第10回全国ロボコン交流会を開催する予定です。
今年度の反省点を踏まえ、よりよい交流会にできるよう、尽力いたしますので、よろしくお願いします。


運営:全国ロボコン交流会幹事団 [運営者一覧] 

第9回協賛企業一覧
さくらインターネット株式会社
ツカサ電工株式会社
東京エレクトロンFE株式会社

(敬称略・順不同)

posted by 交流会幹事団 at 00:00| 参加者向け情報(全体)

2011年12月17日

第9回:ミニロボコン参加申し込み終了

第9回ミニロボコン担当の荒川です。

本日、ミニロボコンの募集を締め切りました。
全14チームの応募をいただきました。沢山のご参加ありがとうございます。

以下、出場チーム一覧(エントリー順)
※万一、表示に誤りがある場合はmini-robo@zenrokou.jpn.orgまでご連絡下さい

神戸高専 ロボット工学研究会
ディフェクチオルナーエ

神戸高専 ロボット工学研究会
がんばろうKOBE (ガンバロウコウベ)

近大高専 ロボット技術部
近大高専TeamA (キンダイコウセンチームエー)

近大高専 ロボット技術部
近大高専TeamB (キンダイコウセンチームビー)

苫小牧高専 ロボットテクノロジー部
Unknown(アンノウン)

神戸高専 ロボット工学研究会
Eat The Rice!!(イーザ ライス!!)

津山高専 情報総合研究部
King of air (キング オブ エアー)

津山高専 電子制御工学科有志チーム
津制(ツセイ)

明石高専 ロボット工学研究部
team三千円(チームサンゼンエン)

大阪府立高専OB ロボットをつくる会
Panational(パナショナル)

津山高専 電子制御工学科有志チーム
S2(エスツー)

大阪府立大学高専 ろぼっと倶楽部
disken (ディスクン)

奈良高専 ロボコンプロジェクト
秒速22センチメートル(ビョウソクニジュウニセンチメートル)

大阪府立大学高専 CIM有志チーム
CIM(シム)

以上

posted by 交流会幹事団 at 21:35| ミニロボコン関連

2011年12月13日

第9回:参加者人数

2011.12.13(Tue) 時点での参加人数を集計しました!!


 北海道苫小牧高専1(※) 
 東_一関高専3 
 仙台高専(名取)7(※)
 福島高専
3 
 関_群馬高専1 
 サレジオ高専5(※)
 小山高専
2(※)
 木更津高専
4(※)
 長野高専
4(※)
 東京高専2(※)
 東海北陸富山高専(本郷)1(※)
 石川高専9(※)
 岐阜高専2
 
 豊田高専4 
 鳥羽商船高専1
 
 鈴鹿高専
3 
 近_舞鶴高専7 
 大阪府立高専14 
 奈良高専6 
 和歌山高専1 
 神戸市立高専13 
 明石高専9 
 近畿大学高専6 
 四_阿南高専1 
 中_津山高専12 
 宇部高専5(※)

呉高専5 
 広島商船高専
3
(※)
  O_B 13 
 合計147上限150

(※)は交通費申請を出している高専です。

ご不明な点がございましたら、
main@zenrokou.jpn.org
までご連絡ください。

posted by 交流会幹事団 at 23:00| 参加者向け情報(全体)

2011年12月10日

第9回:FAQその2・フィールド詳細

第9回ミニロボコン担当の荒川です。

現在13チームのエントリーを頂いています。ご参加いただきありがとうございます。
なお、エントリーは1週間前もしくは20チームに達すれば終了させて頂きます。
出場を希望される方はなるべくお早めにエントリーして下さい。

以下、出場者向け情報

フィールドの板材の詳細を発表します。
ルールブックにはコンパネとしていましたが、フィールドサイズの都合上、一般的なラワンベニヤ(厚さ5mm)とさせて頂きます。

また、以下にルール補足・FAQを追加します。

フィールドを覆うに関して
前回のFAQで
Q.島を覆うの定義を教えて下さい
A.島を覆うとはスピンドルケース全体にマシンまたは分離したマシンの一部を被せ
ることですといったFAQがありました。以下に具体例を示します。
覆う.jpg
         図1 ケースを覆っている例
コの字.jpg
        図2 ケースを覆っていない例

島を覆うとは図1のようにケース全面(周全面+天面)にわたってマシンで被さり、外との境界を作ることです。
そのため図2に示すような、「ケースの一部にマシンをつける」ことは、違反にはなりません。
ただし、周全体を囲うことは禁止していますので、最大でも周全体の半分程度に留めて下さい。


Q.スタート時に全てのCD-Rを搭載せず、リスタート時に補充することは可能か
A.可能です。ただし、補充する際は必ずリスタートを宣言して下さい。

以上

その他、ご意見、ご質問等があれば
mini-robo@zenrokou.jpn.org
までメールでご連絡下さい。
posted by 交流会幹事団 at 16:43| ミニロボコン関連